RESEARCH RESULT

研究成果

論文

  • Nobuhito Manome, Shuji Shinohara, Kouta Suzuki, Kosuke Tomonaga, Shunji Mitsuyoshi: A Multi-Armed Bandit Algorithm Available in Stationary or Non-Stationary Environments Using Self-Organizing Maps. Lecture Notes in Computer Science, 2019. (Accepted)

  • Nobuhito Manome, Shuji Shinohara, Kouta Suzuki, Shunji Mitsuyoshi: An Agent-based Approach for Cleanup Problem: Analysis of Human-like Behavior. Communications in Computer and Information Science, 2019. (Accepted)

  • Yasuhiro Omiya, Naoki Hagiwara, Takeshi Takano, Shuji Shinohara, Mitsuteru Nakamura, Masakazu Higuchi, Shunji Mitsuyoshi, Hiroyuki Toda, Shinichi Tokuno: Difference in Speech Analysis Results by Coding. Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal Vol. 3, No. 5, 488-491, 2018.

国際会議・学会発表

海外

  • Kouta Suzuki, Shuji Shinohara, Masakazu Higuchi, Nobuhito Manome, Yasuhiro Omiya, Shunji Mitsuyoshi: Generalization performance improvement method using automatic feature selection in pathological voice detection, in Proceedings of Neuroscience 2019, 2019. (Accepted)

  • Nobuhito Manome, Shuji Shinohara, Kouta Suzuki, Yasuhiro Omiya, Masakazu Higuchi, Shunji Mitsuyoshi: Parkinson’s disease detection from a small amount of data based on self-organizing maps, in Proceedings of Neuroscience 2019, 2019. (Accepted)

  • Yasuhiro Omiya, Tomotaka Uraguchi, Takeshi Takano, Mitsuteru Nakamura, Shuji Shinohara, Masakazu Higuchi, Kouta Suzuki, Nobuhito Manome, Mitsuyoshi Ishida, Yorio Kumamoto, Shunji Mitsuyoshi, Shinichi Tokuno: Pilot study of distinguish between dementia with Lewy bodies and healthy subjects using voice, in Proceedings of Neuroscience 2019, 2019. (Accepted)

国内

  • 篠原 修二, 戸田 裕之, 中村 光晃, 大宮 康宏, 樋口 政和, 高野 毅, 斎藤 拓, 谷知 正章, 光吉 俊二, 吉野 相英, 徳野 慎一: ハースト指数とゼロ交差率に基づく音声指標によるうつ重症度測定, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: 学習ベクトル量子化を用いた少数データからのパーキンソン病患者の識別, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 大宮 康宏, 中村 光晃, 篠原 修二, 樋口 政和, 髙野 毅, 浦口 智貴, 光吉 俊二, 三條 信夫, 徳野 慎一: 音声分析に基づくアルツハイマー型認知症の検出のための検討, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

著書・その他

学術書

  • 「感情の認識 ~音声による感情と病態の分析 (「音声病態分析学」からの視点)~」, 第2編 第4章 『進化するヒトと機械の音声コミュニケーション』: 光吉俊二ほか, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2015.

  • 「感性制御技術によるコンピュータ・ロボットの仮想自我と感情創発」, 第21章 『感覚・感情とロボット: 人と機械のインタラクションへの挑戦』: 日本機械学会, 275-307, 2008.

  • 『グループ・アプローチ《集団力学と集団心理療法》の画期的業績・人間援助の心理学』(ウィルフレッド・R・ビオン): 翻訳, 亀田ブックセンター, 2003.

教科書

  • 長岡技術科学大学『先端シミュレーション工学』: 「感性情報処理」の章, 光吉俊二, 97-108, 2007.

  • 長岡技術科学大学『先端シミュレーション工学』: 「感性工学」の章, 光吉俊二, 大塚寛, 177-188, 2007.

解説論文、総合報告等

  • Shunji Mitsuyoshi, Softbank: Inside View, Profile Feature as Seen in Nature, 198-199, 2016.7.14.

教育実績

  • 東京大学大学院医学系研究科音声病態分析学講座: 平成26年~ 音声病態分析研究 感情認識実験指導 平成28年~ 科研費 基盤研究 (C)「不安から恐怖への感情及び精神障害の音声病態分析」の研究指導

  • 東京大学工学部: 平成22~27年  システムプランニングの講義(4月)

  • 東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻: 平成21~25年JST・戦略的創造研究推進事業CRESTプログラム 研究領域「先進的統合センシング技術」 研究課題「生体・環境情報処理基盤の開発とメタボリック症候群対策への応用」での感情認識実験指導 平成22~26年 大学院学生実験指導 これまでに実験指導する機械工学専攻に所属する2名の学生を博士として送り出した。

社会的貢献

  • 公的な審議会、委員会等における貢献 平成22年 一般社団法人 電子情報通信学会: HCG (Human Communication Group) EHI: 第三種研究会 幹事

  • 学協会役員等 平成15年 社団法人 映像情報メディア学会アントレ研究会 委員: