RESEARCH RESULT

研究成果

論文

  • Omiya Y, Hagiwara N, Takano T, Shinohara S, Nakamura M, Higuchi M, Mitsuyoshi S, Toda H, Tokuno S: Difference in Speech Analysis Results by Coding. Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal Vol. 3, No. 5, 488-491, 2018.

  • Higuchi M, Shinohara S, Nakamura M, Omiya Y, Hagiwara N, Takano T, Mitsuyoshi S, Tokuno S: Study on Indicators for Depression in the Elderly Using Voice and Attribute Information. Communications in Computer and Information Science, 869, 127-146, 2018.

  • Higuchi M, Shinohara S, Nakamura M, Omiya Y, Hagiwara N, Takano T, Mitsuyoshi S, Tokuno S: Accuracy Evaluation for Mental Health Indicator Based on Vocal Analysis in Noisy Environments. Journal of Information and Communication Engineering (JICE), 4(1): 217-222, 2018.

国際会議・学会発表

海外

  • Nobuhito Manome, Shuji Shinohara, Kouta Suzuki, Kosuke Tomonaga, Shunji Mitsuyoshi: SOM-based Algorithm for Multi-armed Bandit Problem, in Proceedings of the IEEE International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN 2019), 2019. (Accepted)

  • Nobuhito Manome, Shuji Shinohara, Kouta Suzuki, Kosuke Tomonaga, Shunji Mitsuyoshi: Verification of the Ability to Identify Parkinson’s Disease Patients Using Learning Vector Quantization, in Proceedings of the 26th International Stress and Behavior Neuroscience and Biopsychiatry Conference (ISBS 2019), 2019. (Accepted)

  • Wenqin Xu, Shuji Shinohara, Daijiro Harada, Reiko Kuroki, Shunji Mitsuyoshi: A Voice Emotion Analysis of Fear based on Logistic Regression, in Proceedings of the 26th International Stress and Behavior Neuroscience and Biopsychiatry Conference (ISBS 2019), 2019. (Accepted)

国内

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: 学習ベクトル量子化を用いた少数データからのパーキンソン病患者の識別, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019. (Accepted)

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: 自己組織化マップを用いた定常・非定常環境に適応可能な多腕バンディットアルゴリズム, 第33回人工知能学会全国大会予稿集, 2019. (Accepted)

  • 鈴木 康大, 篠原 修二, 馬目 信人, 朝長 康介, 光吉 俊二: 機械学習を用いた構音障害分類における音声特徴量間の耐ノイズ性能の比較, 第33回人工知能学会全国大会予稿集, 2019. (Accepted)

著書・その他

学術書

  • 「感情の認識 ~音声による感情と病態の分析 (「音声病態分析学」からの視点)~」, 第2編 第4章 『進化するヒトと機械の音声コミュニケーション』: 光吉俊二ほか, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2015.

  • 「感性制御技術によるコンピュータ・ロボットの仮想自我と感情創発」, 第21章 『感覚・感情とロボット: 人と機械のインタラクションへの挑戦』: 日本機械学会, 275-307, 2008.

  • 『グループ・アプローチ《集団力学と集団心理療法》の画期的業績・人間援助の心理学』(ウィルフレッド・R・ビオン): 翻訳, 亀田ブックセンター, 2003.

教科書

  • 長岡技術科学大学『先端シミュレーション工学』: 「感性情報処理」の章, 光吉俊二, 97-108, 2007.

  • 長岡技術科学大学『先端シミュレーション工学』: 「感性工学」の章, 光吉俊二, 大塚寛, 177-188, 2007.

解説論文、総合報告等

  • Shunji Mitsuyoshi, Softbank: Inside View, Profile Feature as Seen in Nature, 198-199, 2016.7.14.

教育実績

  • 東京大学大学院医学系研究科音声病態分析学講座: 平成26年~ 音声病態分析研究 感情認識実験指導 平成28年~ 科研費 基盤研究 (C)「不安から恐怖への感情及び精神障害の音声病態分析」の研究指導

  • 東京大学工学部: 平成22~27年  システムプランニングの講義(4月)

  • 東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻: 平成21~25年JST・戦略的創造研究推進事業CRESTプログラム 研究領域「先進的統合センシング技術」 研究課題「生体・環境情報処理基盤の開発とメタボリック症候群対策への応用」での感情認識実験指導 平成22~26年 大学院学生実験指導 これまでに実験指導する機械工学専攻に所属する2名の学生を博士として送り出した。

社会的貢献

  • 公的な審議会、委員会等における貢献 平成22年 一般社団法人 電子情報通信学会: HCG (Human Communication Group) EHI: 第三種研究会 幹事

  • 学協会役員等 平成15年 社団法人 映像情報メディア学会アントレ研究会 委員: