RESEARCH RESULT

国内

国内

  • 篠原 修二, 戸田 裕之, 中村 光晃, 大宮 康宏, 樋口 政和, 高野 毅, 斎藤 拓, 谷知 正章, 光吉 俊二, 吉野 相英, 徳野 慎一: ハースト指数とゼロ交差率に基づく音声指標によるうつ重症度測定, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: 学習ベクトル量子化を用いた少数データからのパーキンソン病患者の識別, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 大宮 康宏, 中村 光晃, 篠原 修二, 樋口 政和, 髙野 毅, 浦口 智貴, 光吉 俊二, 三條 信夫, 徳野 慎一: 音声分析に基づくアルツハイマー型認知症の検出のための検討, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 中村 光晃, 大宮 康宏, 篠原 修二, 樋口 政和, 高野 毅, 光吉 俊二, 淡野 宏輔, 田中 俊一, 徳野 慎一: 体位に依存した音声特徴量の変化に基づく閉塞性睡眠時無呼吸リスク推測手法の高精度化に関する検討, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 樋口 政和, 中村 光晃, 篠原 修二, 大宮 康宏, 高野 毅, 赫 寛雄, 三苫 博, 光吉 俊二, 徳野 慎一: 音声によるパーキンソン病患者の重症度判別, 第58回日本生体医工学会予稿集, 2019.

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: 自己組織化マップを用いた定常・非定常環境に適応可能な多腕バンディットアルゴリズム, 第33回人工知能学会全国大会論文集, 2019.

  • 鈴木 康大, 篠原 修二, 馬目 信人, 朝長 康介, 光吉 俊二: 機械学習を用いた構音障害分類における音声特徴量間の耐ノイズ性能の比較, 第33回人工知能学会全国大会論文集, 2019.

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: SOMに基づく多腕バンディットアルゴリズム, 第81回情報処理学会全国大会予稿集, 2019.

  • 鈴木 康大, 篠原 修二, 馬目 信人, 朝長 康介, 光吉 俊二: 比較バンディット問題における行動価値変数改良に基づくコンドルセ勝者推定効率化, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2018予稿集, 2018.

  • 馬目 信人, 篠原 修二, 鈴木 康大, 朝長 康介, 光吉 俊二: SOMに基づく自己組織化エージェント-協調行動と利他的行動の創発-, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2018予稿集, 2018.

  • 高野 毅, 大宮 康宏, 浦口 智貴, 樋口 政和, 中村 光晃 , 篠原 修二, 光吉 俊二, 斎藤 拓, 吉野 相英, 戸田 裕之, 徳野 慎一: ベイズ推定を用いた音声メンタルヘルス指標の精度向上の検討, 電子情報通信学会HCGシンポジウム2018予稿集, 2018.

  • 光吉俊二: パネルディスカッション “健康の自分ごと化”. 第3回 東京大学COI自分で守る健康社会シンポジウム (東京), 2016.3.2.

  • 光吉俊二: 音声分析による感情推定とその応用. 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2015) (別府), 2015.12.4.

  • 光吉俊二: 音声から病気の早期発見を可能にする技術 音声病態分析. 電子情報通信学会, 2015年総合大会 (滋賀), 2015.3.12.